ふところの中身のマネジメント

口座の中のお札のメンテについて、わたしはいくつか考えていることがあります。
まず、千円付箋が無駄にいっぱいたまっているのは嫌です。千円付箋が5枚あるなら、五千円付箋1枚になってほしい、という思い込みです。このことに関して、毎日の中で不愉快事があります。それは、5000円以上のお釣りがオール千円付箋で現れることです。特に、ターミナルの券売チャンスなどで経験があります。これがあるとどうしても、「なぜ五千円付箋がないんだ!」と思ってしまいます。
また、逆に千円付箋がない、あるいは少ない状態も嫌です。つまり、千円付箋が多すぎても少なすぎても不愉快のです。これを防ぐためにやることがあります。それは、銀行から富をおろす際に、「はじめ万円単位でおろさない」ということです。たとえば、20000円ほど富をおろしたいときに、あえて19000円、あるいは18000円にするといったことです。うまく呼び起こす値段を調整するため、千円付箋欠落を解消してある。
また、これと同じことは小銭についても考えています。このような事を考えながら富をオーナーは少ないでしょうか?わたしは、日ごろからこうした(どうでも済む)ことを考えています。共感して受け取る人物がいたらうれしいです。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E8%B6%B3%E7%97%A9%E3%81%9B/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%8F%A3.html