生徒の多くは窮乏!?

ぼくは一昨年晴れて学生となりました。希望に見た大学日々、ユニットに入り、みんなで打ち上げや見物など楽しいことがたくさんの大学日々です。ぼくはディナーが好きな結果ディナーを研究するユニットに参入しましていらっしゃる。各週ユニットのみんなとディナーを作ってはそれについて分析をしたり、食べに行ったりしてとても充実しています。そんな楽しい大学日々ですが一種問題があります。それは困窮です。
 今日学生の多くは日雇いをしています。日雇いをする理由としては遊ぶお金が欲しかったり、生活費にしたかったり、中には授業料を支払うために日雇いをしているなど理由は様々です。私も日雇いをしなくては家計が立てられない結果入学後からずっと日雇いをしています。
 日雇いは適度なら良いのですが中には交代を足しすぎて大学に来られずロットを落として仕舞うヤツや、夜勤明けの必修トライアルで寝坊して留年してしまうヤツも少なくはありません。
 ユニットや打ち上げで収入を多く支出してしまう学生ですが、学生の本職は学問です。日雇いが原因で学問がおろそかにならないように気をつけなければなりませんね。ただし、日雇いをしなくてはいけない状況であるのも現状です。一見楽しそうに当てはまる学生も大変なことは多くあるみたいですね。シミウスは効果なしってホント?